第1465回 プラ工技研技術講座(会員の皆様へ)                        

 

◆実務経験2,3年から中堅技術者・技能者のためのスキルアップ講座

 

可視化DVDを活用した「射出成形の理論・基礎と実際」
――プラスチック成形品の品質向上と不良対策

 

●理論+経験=品質向上――知っておきたい「材料の挙動」=型内成形現象

樹脂が“流れ、形を作り、固まる”ことを理解し、成形不良になる原因を究明する

●成形品品質向上の留意点を平易に解説  ●各種樹脂の物性を知り、成形加工特性を解明する

*射出成形技術は、理論という基本原則を手がかりにして、現場における諸要因の影響を考慮して不良現象を解決し、品質向上をはかることが大切。工程別に理論的解説をしたうえで、それぞれの工程に起因する不良現象と対策について述べる。また、不良発生原因の理解を深めるため、型内の成形現象に関する「可視化DVD」も観察する。

 

  • 開催日時 平成29年2月24日(金)10時00分~17時00分    
  • 会 場 きゅりあん(4階第2特別講習室)東京都品川区東大井5-18-1
  • 参 加 費 正会員(個人・法人)29,600円     一  般(会員外)34,600円(いずれもテキスト、資料及び昼食代を含む)

 

 

■ 講師および講義内容 

 

担当講師

平成29年2月24日(金) 10時00分~16時30分

本間技術士事務所 所長 本間 精一氏

使用テキスト

本間精一著『基礎から学ぶ射出成形の不良対策』(丸善出版刊、A5判、264頁、定価2,800円+税)を主テキストに使用。さらに追補資料で補足。(書籍代は参加費に含まれます)

 

講義内容

 

1.予 備 乾 燥 工 程 <成形材料の水分管理に重要>

(1)理論
 ① 乾燥理論  ② 樹脂と乾燥条件  ② 乾燥温度、湿度の影響
(2)不良現象と対策
 ① 銀条 ――可視化DVD観察  ② 強度不足

2.可 塑 化・計量工程 <均一可塑化と熱安定性に重要> 

(1)理論
 ① 材料と可塑化特性  ② スクリュ形状と可塑化特性  ③ 熱分解
 ――可視化DVD観察/スクリュ可塑化現象
(2)不良現象と対策
 ① 計量時間バラツキ  ② 黒点  ③黒筋(焼け)  ④ 色相不良  ⑤未溶融物
 ⑥ 分散不良
 ⑦ ベント詰まり(ガスベント効果)――可視化DVD観察/モールドデポジット
 ⑧ 強度不足

 

3.射出-保圧工程 <外観、転写性、強度に重要> 

(1)理論 
 ① ファウンテンフロー  ②型内流動――可視化DVD観察  ③ 分子配向
 ④ 繊維配向――可視化DVD観察  ⑤ ウェルドライン  ⑥ 転写性
(2)不良現象と対策
 ① 分子配向ひずみ  ② 強度・成形収縮率の異方性
 ③ ジェッティング――可視化DVD観察  ④ 銀条――可視化DVD観察
 ⑤ 表面光沢不良  ⑥ ヘジテーションマーク――可視化DVD観察
 ⑦ フローマーク――可視化DVD観察
 ⑧ 断熱圧縮ヤケ――可視化DVD観察
 ⑨ ウェルドライン(強度、寸法、色むら、バリ)――可視化DVD観察
 ⑩ 転写むら  ⑪ さざ波状フローマーク  ⑫ 未充填

 

4.保圧-冷却工程 <残留ひずみ、そりに重要>

(1)理論
 ① PVT特性  ② 成形収縮  ③ ゲートシール
 ④ 残留ひずみ(冷却ひずみ、インサートひずみ)  ⑤ 冷却時間
(2)不良現象と対策
 ① 寸法バラツキ  ② そり  ③ クラック  ④ ひけ  ⑤ 気泡 ――可視化DVD観察

 

5.離 型 工 程  (保圧-冷却工程の影響も含む) <サイクル短縮に重要>

(1)理論
 ① 離型抵抗発現機構  ② 離型性を左右する因子
(2)離型不良
 ① 固定型取られ  ② 型開き不能  ④離型抵抗によるクラック、割れ  ⑤すり傷