第1477回 プラ工技研技術講座(会員の皆様へ)

◆高機能光学製品への指針◆

 

高性能プラスチックレンズ
実用化技術トラブル対策

 

 

●光学設計   ●材料   ●成形技術   ●トラブル対策、課題

プラスチックレンズの製品分野は、スマホカメラはじめ、車載カメラ、プロジェクタータイプヘッドライトの超厚肉レンズ等が注目される。

この技術分野としての精密安定成形、コンタミ対策、モスアイ構造を含むAR(反射防止)などについてわかりやすく解説。

   

 

  • 開催日時 平成29年8月4日(金) 10時00分 ~ 17時00分    
  • 会 場 きゅりあん (4階 第2特別講習室) 東京都品川区東大井5-18-1 >> 地図
  • 参 加 費 正会員(個人・法人)31,000円     一  般(会員外)36,000円(いずれもテキスト、資料及び昼食代を含む)

 

■ 講師および講義内容 

 

担当講師

  • 平成29年8月4日(金) 10時00分 ~ 16時30分
  • 村中技術士事務所 所長 村中 昌幸氏

      

 

 講義内容

 

 1.プラスチックレンズの現状と課題

 (1)非球面・自由曲面プラスチックレンズとは?

    (2)プラスチック光学部品の特徴と応用例

 (3)プラスチックレンズの開発プロセスと必要技術

 2.プラスチックレンズの光学設計

 (1)プラスチックレンズ理解のための基礎光学――Snellの法則/光線追跡、Fresnelの法則/反射防止

 (2)プラスチックレンズの光学設計――要求仕様/光線追跡/最適化/公差解析

 (3)トピックス(白色回折レンズ応用、自由曲面応用)

 3.プラスチックレンズ材料

 (1)レンズ材料の要求特性

 (2)熱可塑性プラスチック

 (3)熱硬化性樹脂

 (4)トピックス(リフロー対応(耐熱)レンズ)

 4.プラスチックレンズの成形技術  

 (1)各種レンズ成形法(型転写成形、型を使わないレンズ成形)

 (2)高精度・高生産性射出成形

   1) 成形システム

   2) 成形金型(架体構造と駒の精密加工)

   3) 成形機とその付帯設備

   4) 成形のポイントと不良対策

 (3)トピックス(超肉厚ヘッドライトレンズ成形)

 5.高性能プラスチックレンズの課題

 (1)設計性能が出ない原因

 (2)コンタミ対策

 (3)組立・評価技術

 6.プラスチックレンズの今後――まとめ